2024年04月25日

盛り上がったタッチアップの修正は難しいので、タッチアップを依頼してください(笑)

本日はタッチアップの修正のお話し。

時々、タッチアップを自分でやったんだけど、
失敗しちゃって研磨で修正してほしい
って依頼があります。

結果から言うと研磨での修正はできません。
というのも
DSC_0341



研磨だと
盛り上がったところと合わせて
周辺の平らなところまで削れて
削りたくないところも削れてしまうから。
そうすると周辺の塗装が薄くなるし、
塗装が弱くなってしまいます。。


もしも、やってしまった後だったら・・・
,任るだけ固まる前に拭き取りましょう♪

1~2日の間ならまだ溶剤で修正できるかもしれませんのでご相談を

1か月以上経過してしまったら・・・
そのまま放置にする

周辺に傷がつくことを覚悟で千枚通しやカッターで掘り起こし、
タッチアップを最初からやり直す。


タッチアップって、簡単そうで奥の深い作業なんです。
タッチアップしたら余計目立ってしまった・・・ってことも多々あります。

コーティングやメンテナンス時に頼まれることがよくあるので、
かなり上手に対処できます♪
ぜひ、自分でやる前にご相談くださいね〜♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔